もしかしてお悩みですか?

「高い声で歌いたい…」
「換声点が克服できない…」
「練習に挫折しそう…」

実はミックスボイスって――

「裏声を地声っぽくする」

これだけなんです!

\ もっと詳しく /

大声で笑える、吹き矢が飛ばせるなら「腹式呼吸」はやらなくていい

コラム:ボイトレに「+」

僕は歌う時に腹式呼吸を意識したことはありません。高い声を習得するための過程として「腹式呼吸」をボイトレの中に取り入れたことはありますが効果はありませんでした。

生きていれば、誰もが腹式呼吸をしています。

じつは…腹式呼吸は日常で使えている

日常生活の中で腹式呼吸は使えています。わざわざ腹筋の筋トレをして「腹式呼吸」を習得しようとしなくてもいいです。

例えば以下の動きをするとき……

これらは4つは腹式呼吸の動き

  1. 大声で笑っているとき
  2. 吹き矢を吹くとき
  3. 寝ているとき
  4. 遠くの人を呼ぶとき

ほとんどの人は腹式呼吸ができています。お腹に手を当てて大声で笑ってみてください。自然と腹筋に力が入りませんか? それが腹式呼吸の動きです。

大きな声を出せば、自然と腹式呼吸になっています。ゴキブリが出た時に叫び声をあげるときは腹式呼吸です。女性が悲鳴をあげるときも腹式呼吸です。

腹筋の筋トレの動きから腹式呼吸を習得させるエクササイズさせているところもあるようですが、そんなの不要です。吹き矢をやったほうが習得は速いでしょう。

腹式呼吸だけじゃミックスボイスは習得できない

正直、腹式呼吸を意識しすぎると上手く歌えなくなることがあります。ミックスボイス習得にあたって、腹式呼吸はあくまで「声量を出すためのツール」です。

ぶっちゃけ腹式呼吸を意識しなくても、ミックスボイスは習得できます。コツは「全音域裏声で発声すること」と「裏声を地声っぽく聞こえさせること」です。

詳しい練習方法は以下をご参照ください。

タイトルとURLをコピーしました