ボイトレしても歌は上手くならないが、やらないともっと下手になる。続けることが大事。


Free-Photos / Pixabay

なぜ、ボイストレーニングをする必要性があるのか。ボクの場合は単純に「高い声を出したかったから」という理由です。人によって理由はいろいろあるでしょう。しかし、ボイストレーニングは本当に必要なのでしょうか。

・人生においてボイトレは必須ではない

生きていく上で、ボイストレーニングをしていない人のほうが圧倒的に多いです。そんな中で「なぜボイトレするの?」の問に、ボクならこう答えます。

  • 高い声が出したいから
  • 歌がうまくなりたいから

アナウンサー志望の人がボイトレをすることもあるでしょう。噺家がボイトレすることもあるでしょう。素人~プロを問わず、ボイトレをする人は「人生で声を重要視している人」ではないでしょうか。

・ボイトレをしても歌はうまくならない

断言しますが、ボイトレをしても「歌がうまくなる」とは限らないです。歌の上手さと、発声の上手さは別問題なので。しかし、「上手くなる確率」を上げることはできます。根本的な発声が良くない場合「高い声」が出しにくい、もしくは出せないのでハイトーンの楽曲の練習に支障が出ます。練習に支障が出るということは「上達の妨げ」になるわけです。

なので、ボイストレーニングを続ける意味はあります。極論、やらないよりはマシです。やらないと何も始まりませんが、やっていれば何か掴めるものがあるはずです。

始めたことをやめてしまうことが一番もったいないです。「やっても意味がないからやめよう」と思っている人、続けてください。すでにやめてしまった人、また始めてみませんか。

スポンサーリンク