練習を終えるタイミングの”基準”は「体調」から判断できると考えた


jill111 / Pixabay

「理想的な練習時間はどのくらいなのか。」

僕は、過去にこのようなことで悩んでいたことがあります。練習はたくさんやればいいと言われていますが、実際にどのくらい時間を費やすべきなのか。

もちろん人によって答えは違うでしょう。ただ、同じ人間である以上「基準となるもの」があるのではと考えました。

・練習を終えるタイミングの「基準」

僕の中で導き出した「基準」。それは「疲れ」や「痛み」です。時間を基準にしてしまうと、疲れていても自分で定めた「練習時間」をこなす必要があります。しかし、時間ではなく「体調」を基準とすれば、自ずと練習を終えるタイミングも見えてくるはずです。

「疲れ」「痛み」を感じている中で練習を続けるのは、100歩譲っても「危険性」を伴います。仮に「疲れ」はなんとかなったとします。しかし「喉の痛み」などを感じている中で練習を続けるというのは、常軌を逸しています。

ですので「疲れ」や「体調不良」を感じ始めたら練習を終えることをオススメしたいです。

スポンサーリンク