音域的に苦しい箇所を「裏声に切り替える」ことがミックスボイスなのか


Mandyme27 / Pixabay

「ミックスボイス = 低音←切り替え→高音」

この認識の場合は、ミックスボイスは切り替えて発声するものと考える人が多いでしょう。しかしながら、この認識は最適とは言えません。地声で低音域を発声し、裏声で高音域を発声することがミックスボイスではないです。

低音域も、高音域も「裏声を地声のように響かせる」発声がミックスボイスだと僕は考えています。そして、発声している時もそのように体感しています。

・音域的に苦しいから切り換える

ミックスボイスが上手く発声できない場合、出しにくい音域を裏声に切り替えて発声しようとします。しかし、切り換えることで地声と裏声の声質は大きく変わってきます。つまり切り替えた部分が音楽的に馴染まないのです。途中から演奏する楽器を変えているような感じです。

・切り替えずに、一定の声質で発声する

切り替えることで、低音と高音の声質が変わってしまうのであれば「切り替えない」で低音と高音を発声すればいいです。それがミックスボイスです。

切り替えた際、高音域を裏声で発声するので、そのままの声質で低音域も歌えば声質が途中で切り替わることはありません。

・裏声が弱々しいからハードな楽曲に声が合わない

Foo Fighters – Best Of You (Official Music Video)

Foo Fighters – Best Of You (VIDEO) – YouTube

裏声だけでロック系の楽曲を歌うことは、現実的ではありません。では、どうしたらいいのか。裏声を「地声っぽく聴こえさせる」発声を練習で会得すればよいのです。

以前書いたこちらの記事で「裏声の地声化」に関するヒントを記載しています。

・ミックスボイスは、話し声とは違う

多くの方が誤解されている部分ですが、「ミックスボイス ≠ 話し声」ではありません。過去、僕も誤解していたことです。普段の話し声と、歌声が同じ人がいますが「天然ミックス」といわれる稀な例です。みなさんの周りにもそういう方がいるのではないでしょうか。

基本的に「歌声は歌声」、「話し声は話し声」という認識で問題ありません。

切り替え発声とは、「低音域(話し声)/高音域(歌声)」で発声するということになります。これでは、さすがにおかしいので低音も高音も「歌声 = ミックスボイス」で歌う必要があります。

・天然ミックスの人は「切り替える」感覚がない

天然ミックスの人に話を聞くと「切り替える」の感覚が解らないそうです。それもそのはずで、天然ミックスの人の多くは話し声が「ミックスボイス化(歌声)」しているので、日常的にミックスボイスで生活をしています。

めざましテレビ25th 新テーマ曲 小田和正「会いに行く」

めざましテレビ25th 新テーマ曲 小田和正「会いに行く」 – YouTube

小田和正さんの話し声と歌声も同じですね。歌手の方は、先天的か、後天的か分かりませんが、話し声がミックスボイス化している人が多い印象を受けます。

ミックスボイスに対する考え方は人それぞれ違いますが、色んな考え方を取りれて自分なりにミックスボイスに対する理解を深めていけるといいですね。

スポンサーリンク