高音域で「a、e、o」は出せるが「i、u」だと出しにくいなら発声を見直してみよう

ボイトレをしていると、歌っている時に 「i」 「u」 の発音がしにくいと感じることがあります。「a、e、o」 は高い音で発音できるのに 「i、u」 だと力が入ってしまい高音が出しにくくなるといった状態です。

そんな状態に陥っている人でも、ハイトーンシャウトは容易にできたりします。言葉にして高音域は歌えないけど、シャウトならできる。

こういった状態の改善方法の提案です。

・発想の転換

「a、e、o」の発声がしにくのであれば、逆に、発声のしやすい「i、u」を基準に発声の仕方を変えてあげる。「i、u」 の発声がしやすい感覚で、「a、e、o」 を発声することで改善されるケースもあります。

・改善のための練習方法

口を閉じたハミングから、そのままの感覚で口を開きながら「i、u」 の発声に落としこんでみましょう。力みのない正しい「i、u」 の発声ができます。コツは鼻で発声しているように響かせる感じです。

張り上げミックスボイスの場合、鼻への響きは感じにくいです。ミックスボイスの正しい発声感覚を会得する導入練習なので上手くできるようになったら、歌唱練習に移ってください。

スポンサーリンク