裏声を出しまくる練習をしても「裏声が強くなる」可能性は低い


NeuPaddy / Pixabay

裏声をひたすら「出しまくる」ことで、裏声は地声のように強くなるのか。

--経験上、答えは「NO」です。

高い声が出したくて、ヒステリックなほど悩んでいた時期に「裏声をだしまくる練習法」を実践したことがありますが、喉が痛くなるだけで効果はありませんでした。そして、その時感じたことは…「裏声は、どんなに出しまくっても裏声でしか無い」。

もちろん、練習方法が間違っていた可能性もあります。しかし、僕の場合は、喉を痛めてまで続けたい練習法ではありませんでした。

・毛布に口をつけて裏声でひたすら叫ぶ

どんな練習をしていたかと言うと、「裏声でひたすら叫び続ける」というものです。もちろん近所迷惑になるので、口にタオルや毛布、布団を当てて極力消音したうえで叫んでいました。正直、オススメはしません。

・裏声で女性曲を歌いまくる

歌の練習をして、裏声で歌いまくるのは確かに「実践的」な感じはします。しかし、これは「裏声を地声のように聴こえさせる練習」ではなく、単に「裏声で女性曲を歌う練習」です。つまり、「裏声を強くする」ことからは少し遠ざかっています。


「裏声を強くする = 地声っぽく聴こえさせる」ということなので、地声っぽく聴こえさせる感覚を掴む必要があります。巷では、色んな練習法が出回っていますが「自分にあった練習法」を見つけられるといいですね。

スポンサーリンク