「喉エッジ」と「鼻エッジ」、ミックスボイスを習得するなら「鼻エッジ」をオススメしたい

エッジボイスには、大きく分けて2通りのやり方があります。

  • 声帯を閉鎖して、喉でエッジを利かせる方法 -喉エッジ-
  • 鼻の響き(鼻腔共鳴)でエッジを利かせる方法 -鼻エッジ-

もちろん”声”は喉で発声するものなので、2つとも「声帯を閉鎖する」ことに変わりはありません。体感的な話です。

・エッジボイスは裏声で行う

エッジボイスは、弱々しい裏声を地声のように強く聴こえさせるための一つの練習手段です。あくまでもミックスボイスの導入練習なので、それそのものがミックスボイスとして成立することは、あまりありません。

・喉エッジのやり方

口を開いたまま裏声を出します。そのまま息を止めることで声帯が閉鎖されます。そのまま閉鎖を弱めていき、声帯の隙間から声を出すことで「プツプツ」いう音が出せるはずです。

しかし、このやりかたは発声方法しては不自然です。なぜなら、日常生活において、無理やり声帯を締めて声をだすことはないからです。そして、このやり方だと「喉締め発声」「張り上げ発声」に繋がりやすいです。声質も「苦しそう」に聞こえます。この練習方法はおすすめしません。

・鼻エッジのやり方

裏声でハミングをします。そのまま喉仏を上げます。声が鼻の方に回り「鼻に響く」感覚を得られるはずです。鼻の裏側で「ジリジリ」としたノイズ感のある鼻声になります。喉仏の上げ具合を強くすることで、鼻声感が増しますが「地声感」も得ることが出来ます。

喉エッジの時とは違い、声帯閉鎖を意識することはありません。ただ、そのままでは「鼻声」なので、喉を広げて「太さのある声」を追加してみましょう。「程よく鼻に響いた安定感のある声質」が得られるようになるはずです。喉エッジよりも「喉の負担」が少ないので、僕はこの方法を推奨します。


声帯が閉鎖されていないと、息しか出ないので「音」として認識できません。普段話している声も、程よく声帯閉鎖されているため「声」として相手に届きます。声帯閉鎖は無意識レベルで行うのが理想です。

それぞれ「エッジボイス」ではありますが、「声帯閉鎖(喉)」を基準とするのか、「鼻腔共鳴(鼻)」を意識するのかでミックスボイスとしての「質」も変わってきます。

鼻エッジによるミックスボイスは感覚を掴むまでが大変ですが、喉エッジよりも負担のない楽な発声を習得できるはずです。

スポンサーリンク