スポンサーリンク

ミックスボイスを発声するための「コツ」と「感覚」

ミックスボイスを発声するためには練習が必要です。しかし、ただ闇雲に練習をしても、発声することはおろか、感覚を掴むことも出来ない可能性があります。ミックスボイスにはコツがあります。

  1. 裏声をベースに発声する
  2. 声帯を閉鎖する
  3. 鼻腔共鳴を使って地声成分を増やす

以上の3点を中心に書いていきます。

1.裏声をベースに発声する

ミックスボイスの基本は「裏声」です。裏声は喉に負担がかかりにくい発声です。また、高音域が出しやすい発声でもあります。地声では出せない音域でも、裏声なら容易に高さを出せるという方も多いです。

2.喉仏を上げて声帯を閉鎖する

裏声をベースにミックスボイスを作り上げていることになりますが、ただ裏声の練習をするだけではミックスボイスにはなりません。地声のような強さを出すためには「声帯をしっかりと閉鎖する」必要があります。

しかし、間違った声帯閉鎖のやり方は、喉を痛めやすく、「張り上げ」「締め上げ」など、変な癖がついてしまう原因にもなります。

裏声のまま喉仏を上げてみましょう。以下の音源のような「変な声」になるはずです。なお、この音源のような声質の状態でも、発声している感覚は「裏声」のままです。

はじめてのチュウ チャンネル登録もお願いします
はじめてのチュウ チャンネル登録もお願いします – YouTube

3.鼻腔共鳴を使って地声成分を増やす

上記音源のような声が出せたら、そのまま口を閉じて「ハミング」の状態にしてください。すると、鼻奥の方で声が響いている感覚が掴めるはずです。その響いている感覚を下に降ろさずに口を開けてみましょう。響きのある、地声感の強い声が出せているはずです。

ただ、そのままの声では、響きや地声感があっても「キンキン」しただけの声なので、オペラのような太い声質を、喉を広げて追加してください。

ファン・ディエゴ・フローレス 「やあ みなさん いい日ですね」 連隊の娘
ファン・ディエゴ・フローレス 「やあ みなさん いい日ですね」 連隊の娘 – YouTube

少しだけ響きは下に落ち、声質も柔らかくなりますが、地声感と響きがキープされた「安定感」のある声に変わったのではないでしょうか。

それが、ミックスボイスです。

・ミックスボイスを発声している感覚

感覚は、普段話している「地声」とも「裏声」とも違う感覚だと思います。人によっては地声と裏声が「ミックスされた声」に感じるかもしれません。

ミックスボイスというのは、「地声と裏声を混ぜる」のではなく「地声成分が強い裏声」という認識です。ですので、発声の感覚は「裏声」が基準となります。

・シャウト、スクリームは、ミックスボイスの応用

ハードロック、ヘヴィメタル、色々な楽曲でミックスボイスは多用され、応用されています。以下のようなハイトーンシャウトもミックスボイスの応用です。

世界の歌手のハイトーン、シャウト集
世界の歌手のハイトーン、シャウト集 – YouTube

余談ですが、ヨーデルもミックスボイスです。裏声と地声を切り替えているように聴こえますが、ミックスボイスと裏声を切り替えているという感覚です。

Yodelling – Franzl Lang
Yodelling – Franzl Lang – YouTube

切り替えているように聴こえますが、換声点のような引っ掛かりはなくスムーズに繋がっています。また、デスボイスも僕の感覚では「ミックスボイスの応用」に感じます。


ミックスボイスが出せるようになると、割と色んな出し方に応用が効くようになります。低音部は地声、高音部はミックスボイスで歌うという考えもありますが、全音域ミックスボイスで歌えるようになると「切り替える」必要性がなくなります。

トップへ戻る