「チェストボイスも裏声で発声する」ことが、換声点克服のために有効ではないか

「チェストボイスとヘッドボイスが繋がらない。」

このように悩んでいらっしゃる方は多いと思います。チェスト、ヘッドが繋がらず、換声点が発生してしまう理由の1つとして「チェストとヘッドの発声が、それぞれで異なっている。」という可能性が考えられます。

結論、「チェストボイスも裏声で発声する」ことが、換声点克服のための有効な手段ではないかと考えています。これは、従来の「換声点で、地声とミックスボイスを切り替える」という考え方とは異なります。

・切り替え発声は「換声点」が起こりやすい

換声点で切り替える発声の場合、以下の様の歌っていると思われます。

  • 低音域 → 地声
  • 中音域 → ミックスボイス or 裏声
  • 高音域 → ミックスボイス or 裏声

ミックスボイスは「裏声」をベースに発声すると楽です。ですので、声質は「地声っぽい裏声」です。

低音域は地声、中~高音域はミックスボイスだと、それぞれ声質は異なっているので、切り替え部分で馴染まないです。「水」と「油」が馴染まないイメージです。

・ミックスボイスの感覚とは

大事なことなので、もう一度お伝えします。「ミックスボイスは地声っぽい裏声」です。発声の仕方は、「裏声を鼻の裏に響かせて地声っぽい強さを得る」ようにします。感覚は「地声」とも「裏声」とも言えないです。ただ、日常会話としては「変な声」に聞こえるはずです。


切り替えないミックスボイスのイメージ

切り替える発声で「換声点」が発声しまうのであれば、切り替えない発声で、「換声点を起こさせない」という考え方もあります。

ミックスボイスを練習する際の1つの考え方として「低音域も高音域も”裏声をベース”にしたミックスボイス」を提案しようと思います。

また、強い地声感を感じる裏声発声の参考歌手として「ジョン・ボン・ジョヴィ(BON JOVI)」がオススメです。ただ、裏声に地声感を与える感覚というのはわかりにくいです。よければ、こちら裏声を「地声のように聴こえさせる」のがミックスボイスの正体[音源あり]をご参考ください。

スポンサーリンク