切り換えないミックスボイスの練習手順

スポンサーリンク

高い声で歌うには「ミックスボイス=高い声が出しやすい声」を習得することが重要だといわれています。また、ミックスボイスは「裏声」をベースに発声するといいでしょう。裏声をベースに発声することで換声点も起きにくくなります。

ここでは「切り替えないミックスボイスの練習手順」を書いていきます。

■練習手順

私の練習方法はオリジナルではなく、以下の書籍を読み、独自解釈・再定義したものです。書籍の内容とは大きく異なる部分もあります。

【STEP 1】裏声の練習

自分の得意な高さで裏声の練習をします。

【STEP 2】低・中・高音域の裏声練習

低~高音域の裏声発声の練習をします。裏声をベースにしたミックスボイスを習得するための基礎を作ります。

ミックスボイス習得の基礎 「全音域、裏声で発声しよう」

【STEP 3】裏声を鼻にかける練習

裏声を鼻にかけて「輪郭のはっきりした声質」を作る練習をします。この段階では極端な声色ですが、この声がミックスボイスの基礎になります。

裏声を鼻にかける練習

【STEP 4】鼻裏声をミックスボイス化する

鼻にかかった裏声(鼻裏声)は変な声質なので「歌声」として使いづらいです。あくび時にでる太い裏声を追加することで「安定感のある歌声=ミックスボイス」にします。

鼻にかけた裏声をミックスボイスにする

【STEP 5】ミックスボイスで低~高音域をスムーズに発声する練習

換声点を無くすために、低~高音域を「グラデーション」のように滑らかに発声できるよう練習します。ミックスボイスの発声が不安定な時期は「換声点」が起きやすいです。

ミックスボイスを安定させる練習

【STEP 6】発声が安定したら歌ってみよう!

グラデーションのようにスムーズに発声できるようになったら歌ってみましょう。

【STEP 7】音程練習

発声が安定したら、次は「音程」を安定させます。

▼関連記事

▼参考書籍

タイトルとURLをコピーしました