裏声で歌うと『換声点』が起きにくい

このページでは裏声で歌うメリットについて書いていきます。

私が考える「裏声で歌うメリット」ですが……

  • ミックスボイスを習得しやすい
  • 換声点が起きにくくなる
  • 高い声で歌えるようになる
  • 喉が疲れにくく長時間歌いやすい

逆にデメリットは……

  • 裏声を地声っぽくさせる感覚が分かりづらい
  • 人によって感覚を掴むのに時間がかかる
  • 裏声が出せないと習得することができない

といったことが挙げられます。

裏声のメリット

以下に、私が考える「裏声のメリット」を書いてきます。

ミックスボイスを習得しやすい

ミックスボイスは裏声をベースにした発声だと考えています。つまり裏声が出せるのであればミックスボイス習得は早いともいえます。

裏声は『換声点』が起きにくい

裏声で歌うと「換声点が起きにくくなる」というメリットがあります。人によっては全く感じなくなる場合もあります。試しに「裏声」で、宇多田ヒカルさんの『First Love』を歌ってみましょう。

宇多田ヒカル – First Love
宇多田ヒカル – First Love – YouTube



裏声で歌うと普段ならひっくり返ってしまう音域でもスムーズに歌うことができたかと思います。

ただ「裏声」で歌うことで換声点はなくなりましたが「声質」は理想とする歌声ではないですよね。ヒントとして、鼻声の練習をすることで「地声っぽい声質」にすることができます。詳しくは別のページで書いていきます。

裏声は高い声が出しやすい

「裏声」だと高い声が出しやすくなります。男性であれば多くの方が体感していると思います。

高い声を発声する時に「裏声」と「話し声」では発声の感覚が違います。下記画像をご覧ください。

私の場合、話し声で無理やり高い声を出そうとすると「胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)」に過剰に力が入ります。また「喉頭(こうとう)」も過剰に上がってしまい、喉を締め上げる感覚で発声していました。

ですが裏声だと各部位に無駄に力が入ることはなく、楽に高い声を出すことができます。

裏声で歌うと疲れにくい

裏声をベースにした歌声は「疲れにくい」というメリットもあります。

私が高い声で歌えなかった時は「話し声」の延長で歌っていました。話し声のまま高い声を無理やり出そうとすると首・喉に必要以上に力が入り、筋肉疲労で長時間歌えませんでした。

ですが「裏声をベースにした発声」に変えてからは首・喉に無駄に力が入ることはなくなり、長時間歌えるようになりました。

まとめ

ボイストレーニングにおいて「裏声」の重要性は各所で語られています。ですが基本的に「地声」を高音拡張させて高い声を出す練習方法が主流ではないでしょうか。

私は主流のボイストレーニングで挫折した人間です。そのため「主流とは違うアプローチ」で高い声が出せるようになりました。

私がやってきたことですが、

  • 低・中・高音域のすべてを裏声で発声する
  • 裏声を地声っぽく聞こえさせるように発声する

という練習です。

私の練習方法は一般的ではないため、人を選びます。ですが私と同じく「主流で挫折した人」にはダメモトで一度試していただければと考えています。

タイトルとURLをコピーしました