【STEP 5】ミックスボイスを安定させる練習

ここでは「ミックスボイスを安定させるための練習」について書いていきます。練習内容は簡単で、低~高音域の音階を上下行するだけです。



ミックスボイスは出せるようになっただけでは「安定して使える」とは言い難いです。安定していない時期は、息継ぎ、リズム、音程、換声点、なども同時に意識することになります。

例えるなら、ギターが弾けるようになったばかりの時期に、歌、ベース、ドラム、キーボードの弾き方も意識するような感じです。

あれもこれも同時並行で意識してしまうとせっかく覚えた、ミックスボイスの「型」が崩れてしまいます。

私は、安定していない時期に同時並行でいろいろと意識してしまったために、逆に変な発声になりました。一つずつ課題をクリアしていくことで今後の練習が楽になります!

以下に、練習用音源を用意しました。

音階練習音源

ド(C)、レ(D)、ミ(E)、ファ(F)、ソ(G)、ラ(A)、シ(B)、ド(C)

低音域(G2~G3)

低音域のGメジャースケール

Gメジャースケール(ソ・ラ・シ・ド・レ・ミ・ファ#・ソ)で音域を変えてあります。無理をせず出しやすいところから発声してください。ちなみに一番低いG2(ソ)は私も出せません。

・・・

中音域(G3~G4)

中音域のGメジャースケール

男性の場合、G4(ソ)は換声点にあたります。ちなみに私の換声点はF4~A4付近です。

・・・

高音域(G4~G5)

高音域のGメジャースケール

無理をせず出しやすいところから発声してください。一番高いG5は一般的にあまり使われることのない音域ですが、ハイトーンシャウトを習得するなら出せるようになると有利です。

・・・

換声点付近(E4~B4)

換声点付近(E4~B4)

人によりますが、換声点は「G4(ソ)」または「A4(ラ)」のあたりと言われています。この音階練習では、E4~B4を半音刻みで上下行する練習をします。

まとめ

ミックスボイスはコツを掴めば早い段階で習得できますが、安定させるには練習が必要です。

覚えたてのときは「換声点」が起きやすいので、「低~高音域を上下行する練習」「換声点付近を上下行する練習」で発声を安定させるといいでしょう。

例えば、歩けるようになったばかりの赤ちゃんはヨタヨタしていますよね。何度も転んで、何度も起きあがって…… を繰り返すことで歩き方も安定してきます。

ミックスボイスも同じように、「安定させる練習」が大切です。一度安定してしまえば、あとは楽しく歌うだけです。

・・・

タイトルとURLをコピーしました