ブログには「問い合わせフォーム」や「コメント欄」を設定したほうがいい?→ コメント欄は廃止してOK

WordPress
WordPress
嫁氏
嫁氏

ブログを始めたばかり。「問い合わせフォーム」や「コメント欄」は設置しておいたほうがいいの?

僕氏
僕氏

コメント欄はなくてもいいかな。ただ、お問い合わせフォームは設置しておいたほうがいい。何かしらの方法でサイト運営者に連絡がとれないと、いざというときに利用者が不便に感じる。

スポンサーリンク

コメント欄は設置しなくてもいい

コメント欄は設置しなくてもいいです。理由は3つ。

1. 嫌がらせ防止

1つ目の理由は「嫌がらせ防止のため」です。コメント欄を設置していると必ず嫌がらせ、もしくはそれに近い内容を書き込んでくる人がいます。ブログを始めたばかりであれば「ブログを始めた楽しさの一つ」として捉えることもできるでしょう。しかし、そういったコメントが増えてくると対応に追われ、少しずつに精神的に疲れてきます。

また、そういったコメントを書き込む人は「構ってちゃん」が多いです。実社会で晴らせないストレスを、あなたにぶつけているに過ぎません。言ってしまえば、ただの八つ当たりです。

嫌がらせをする人に対応してしまうと図に乗ります。最初は小さな嫌がらせがエスカレートして、最悪の場合「ネットいじめ」に発展する可能性も。コメント欄を設置しないことでそういったリスクを回避できます。

2. スパムコメント防止

2つ目の理由は「スパムコメント防止のため」です。ブログやサイトを運営していると、必ずスパムコメントが書き込まれます。WordPressであればプラグインの「Akismet Anti-Spam」を導入することで、大抵のスパムコメントを弾いてくれます。ただ、そういったセキュリティをすり抜けて書き込まれることもあります。

3. 対応に時間を奪われる

3つ目の理由は「コメント対応に時間を奪われるから」です。「1. 嫌がらせ防止」と被る部分もありますが、コメント欄に書き込まれれば返信したくなるのが人情でしょう。とくに優しい人ほどその傾向は高いです。悪いことではありません。ただ、確実に時間が奪われます。

これは僕個人の考えですが、コメントに返信してるくらいなら、記事を書いたほうが生産的ではないでしょうか? 返信をしたところで収益が上がるとは考えにくい。新しい記事を書いたほうが収益に繋がるのではないでしょうか。

お問い合せフォームは設置したほうがいい

お問い合せフォームは必ず設置しておいたほうがいいでしょう。理由は2つ。

1. 万が一の連絡先として

1つ目の理由は「万が一のときに連絡を取れるようにするため」です。ブログ記事には文章・画像・動画を引用として載せることもあります。引用の範囲内であれば相手に許可を取る必要はありません。ただ、これはあくまでも「ルール」。作者本人から「掲載をやめて欲しい」と連絡があれば取り下げる、該当部分を削除するなどの対応が必要です。

こういった万が一の連絡を受けるためにも、お問い合わせフォームは必ず設置しておきましょう。でないと相手方がこちらに連絡を取る手段がなくなってしまいます。ブログは一見、自分一人の力で運営しているように感じます。しかし、画像・動画などを提供してくれている人もいます。その人たちのことを忘れてはいけません。

2. 法人からの連絡先として

2つ目の理由は「法人からの重要度の高いメールを受けるため」です。たまに執筆依頼などのメールを企業からもらうことがあります。そういった表ではやりとりしにくい内容のメールを受けるためにも、お問い合わせフォームはあったほうがいいですね。

契約の都合上、個人情報を相手に提出する必要もあるでしょう。また、契約金の話も出ることもあります。そのような内容をコメント欄でするべきではありません。依頼する相手も気持ちがいいとは思えません。お問い合せフォームの設置は「相手への思いやり」です。

おわりに:対応すべき相手を切り分けるためにも

以上をまとめます。

コメント欄を設置しなくてもいい理由は、

  1. 嫌がらせ防止
  2. スパムコメント防止
  3. 対応に時間を奪われる

お問い合せフォームを設置したほうがいい理由は、

  1. 万が一の連絡先として
  2. 法人からの連絡先として

コメント欄はメールアドレスを入力しなくてもいい場合が多いです。そのため、匿名性が高くなります。悲しいかな、そこにつけ込んでくる輩がいるのも事実。廃止することで、不義の輩を寄せ付けにくくなるでしょう。嫌な思いをすることもなくなります。ブログ運営の健全化に繋がるはずです。

一方、お問い合わせフォームはメールアドレスの入力が必須。メールとして送信することに、精神的なハードルの高さを感じます。メールで苦情を伝えてきてくれる人は、よほどの理由があると考えられます。こちら側に落ち度がある可能性も高いです。誠意を持って対応すべき相手かどうかの切り分けもしやすいです。

追伸:軽い冗談が相手の人生を狂わせることも…

最近はコメント欄を設置していないブログが増えています。「不愉快なコメントを書き込まれた!」という人も多いようです。実際、僕も過去に嫌がらせコメントを書き込まれたことがあります。精神的に疲弊しました。ネガティブコメントのパワーは凄まじいものがあります。それは書き込まれた相手の人生を狂わせることもあります。

加害者は軽い冗談のつもりで行ったいじめが、被害者とその家族の人生をめちゃくちゃにする。いじめはそれほどに罪深い行為でありながら、年々抑止されるどころか、「ネットいじめ」という新たな形態にまで拡大してしまったのは何故なのか。

『大人が知らない ネットいじめの真実』から
大人が知らない ネットいじめの真実
ミネルヴァ書房
¥1,650(2020/08/31 09:31時点)
タイトルとURLをコピーしました