好きなことを書いてブログのPV数を増やすには?→日記はNG!

ブログを書く
ブログを書く
嫁氏
嫁氏

毎日記事を書いてる。でも、読み返すとただの日記になってる。それにPV数も全然増えない。自分の好きなことを書いてブログのPV数を増やすにはどうしたらいい?

僕氏
僕氏

自分の好きなこと、得意なことを書くのは問題ない。ただし、ブログを通して読者の質問に「答える」ことが大切。相手の悩み相談に乗るイメージだね。

ブログには「自分の好きなこと」を書くのがベター。興味のないことは書けません。とはいえ、好き勝手に「日記」を書いていいわけではありません。ブログには「お悩み解決記事」を書きましょう。需要がある内容を書くからPV数が増えます。

スポンサーリンク

「好きなことを書く=日記を書く」ではない

ブログに自分の好きなことを書くのは問題ありません。やはりブログを書くなら、それなりに文章量は欲しいです。そもそも興味のないことは、知識がない、もしくは知識が少ないです。ですが、興味のあることなら知識があるはずです。ブログには自分の「好きなこと」や「興味があること」を書くのがベターでしょう。

ただし「好きなことを書く=日記を書く」ということではありません。ネット検索をするときに、わざわざ誰かの個人日記を調べる人はいないでしょう。「昨日は〇〇に行ってきました」といった日記を読んだところで、有益情報が得られるとは思えません。

「誰かの悩みを解決する」のがポイント

ブログを書くときのポイントは「誰かの悩みを解決する記事」を書くことです。多くの人がネット検索をするのは「悩みを解決したいから」です。貴方がこの記事にたどり着いたのも、おそらく「ブログのPV数を増やしたい」という悩みがあったからではないでしょうか。人は誰にでも悩みがあります。それを解決してあげるのがブロガーの使命です。

「自分の好きなこと=得意なジャンル」とも言えます。得意なジャンルだからこそ、より深い内容が書けます。問題を効率よく解決する方法を提案できます。そのジャンルで悩んでいる人に向けて、貴方なりの解決方法をブログで発信してください。

もちろん貴方よりも詳しい人はいるでしょう。でも気にしなくていいです。貴方の経験、体験を交えながら、あくまでも「貴方より詳しくない人」をターゲットにしてブログを書いてください。

ブログを書くときに意識している2つのこと

僕がブログを書くときは2つのことを意識しています。

  1. サジェストキーワードから悩みを予測する
  2. 上位記事を分析して読者の求めることを書く

①「Googleで検索されるキーワード=需要のあるキーワード」です。検索結果の下に表示されるサジェストキーワードや、ラッコキーワードなどでキーワードを確認し、そこから読者の悩みを予測します。

②検索上に表示されている記事を分析し、読者が求めている内容を紐解いていきます。結果的に上位記事と書いている内容が似てしまうこともあるでしょう。ただ、それでも構いません。あくまでも貴方の見解で書かれていれば大丈夫です。

ただし、検索キーワードを自作しないように。需要のある検索キーワードを盛り込んで記事タイトルを付けてましょう。適当に自作したキーワードは需要がない可能性が高いです。それでは検索上位に表示されません。よって、PV数は増えません。

タイトルとURLをコピーしました