もしかしてお悩みですか?

「高い声で歌いたい…」
「換声点が克服できない…」
「練習に挫折しそう…」

実はミックスボイスって――

「裏声を地声っぽくする」

これだけなんです!

\ もっと詳しく /

ミックスボイスを地声っぽくするコツは「声帯閉鎖」より「鼻腔共鳴」

コラム:ボイトレに「+」
  • ミックスボイスは出せるけど裏声のように柔らかい声質になってしまう…
  • 地声のように強く発声するために声帯閉鎖のやり方を知りたい…
  • ネットで色々と調べたけど書いてある内容が難しくてよく分からない…

僕も過去、あなたと同じことで悩んでいました。

巷ではミックスボイスを地声のようにするために「声帯閉鎖」を推奨している人もいます。しかし僕はそのやり方で上手くいきませんでした。

そこで僕は「鼻腔共鳴」に重点を置いて練習をすることに。コレが大正解。ミックスボイスを地声っぽくすることに成功しました!

間違った解釈は張り上げ発声になりやすい

ミックスボイスを地声っぽくする方法には2つの考え方があります。

  1. 「声帯閉鎖」を意識して地声っぽくする
  2. 「鼻腔共鳴」を意識して地声っぽくする

僕はミックスボイスを地声っぽくさせるために、何年も「声帯閉鎖」を意識して練習し続けていました。

しかし、いつまで経っても裏声っぽさは抜けず、声質も柔らかいまま。結局、地声のように強くなることはありませんでした。

くわえて、地声っぽくしようと焦るあまり、張り上げ発声になり喉を痛めました……ホント最悪!

これがきっかけで鼻腔共鳴を意識して練習するようになりました。

大声を鼻に響かせることが鼻腔共鳴ではない

実際、声帯閉鎖よりも鼻腔共鳴のほうが、簡単にミックスボイスを地声っぽくできました。しかも喉が全然痛くなりません。高音域も楽に出せます。

これだけ聞くと、鼻腔共鳴を意識した発声はイイトコ取りです。しかし、やり方を間違えると、これも張り上げ発声になる可能性があります。

僕は最初、大声を鼻に響かせることが鼻腔共鳴だと勘違いしていました。この間違った解釈で歌い続けた結果、また喉を痛めてしまいました。

声量を出して歌うことで、鼻に響いているような感覚を得られることがあります。ですが、それは鼻腔共鳴ではなく、ただの張り上げです。

では鼻腔共鳴とは一体どのような感覚なのか?

喉ではなく鼻で歌う感覚が鼻腔共鳴のコツ

僕が鼻腔共鳴を意識して発声するときは、「裏声を鼻にかける」ようにしています。喉で歌うというより、鼻で歌うような感覚です。

裏声を鼻にかけると地声の成分が加わります。そのままでは「鼻にかかった変な声」なので、ここにオペラのようなイメージで太さを追加します。これでバランスのいい声質になります。これがミックスボイスです。

この感覚で歌うと、以下のようになります。

一部アカペラで歌った『愛をとりもどせ(クリスタルキング)』

ミックスボイスを簡単に言うと「鼻にかかった太い裏声」です。発声しているときの感覚も裏声に近いです。裏声がベースなので高い声も出しやすいです。

また声帯閉鎖よりも練習も楽です。喉も痛めにくいです。色々とメリットが多いので、僕は鼻腔共鳴を意識した発声をオススメします。

僕はボイストレーナーではありません。カラオケ好きの素人です。当サイトの内容はあくまでも僕の経験則によるものです。

鼻腔共鳴を意識した発声の練習方法

鼻腔共鳴の感覚を掴むことで、裏声っぽいミックスボイスを地声のようにすることも可能です。

練習手順は以下の通り。

  1. 裏声でハミングする
  2. 喉仏を上げて変な声にする
  3. オペラのイメージで太さを追加

けっこうシンプルです。詳しくは以下のリンクをご参照ください。

タイトルとURLをコピーしました