もしかしてお悩みですか?

「高い声で歌いたい…」
「換声点が克服できない…」
「練習に挫折しそう…」

実はミックスボイスって――

「裏声を地声っぽくする」

これだけなんです!

\ もっと詳しく /

ミックスボイスの練習で裏声が出なくなったときの原因と対策

コラム:ボイトレに「+」

ミックスボイスを練習していたら裏声が出なくなった。声も少しだけハスキーになっている気がする。喉も少しだけヒリヒリする。このまま歌えなくなったらどうしよう……。

このように悩んでいる人もいるでしょう。実際、僕も同じ経験をしたことがあります。

なぜミックスボイスを練習したことで、裏声が出なくなってしまったのか? 僕がそのようになってしまった原因は、意外とシンプルでした。

注意!声量を出し過ぎたことが原因か?

僕が裏声を出せなくなってしまった原因は「歌うときに大声を出しすぎていた」からでした。

そのときの僕は張り上げミックスボイス(以下、張り上げミックス)で発声していました。張り上げミックスには、以下のような特徴があります。

  1. 声量が大きすぎる
  2. 換声点付近の音(A5(ラ))より上の高さで苦しくなる
  3. 喉の筋肉が疲れて、高音域の歌を最後まで歌いきれない
  4. 地声と裏声を切り換えて出している
  5. 地声と裏声がスムーズにつながらない

張り上げミックスで発声すると、なぜか声の質感が丸くなるというか……裏声っぽさがありました。

それを取り除こうと、声を張り上げて歌っていました。つまり(1)の状態です。その結果、裏声が出せなくなってしまいました。

解決!練習を休んだらまた出せるように

そこで潔く数日間、歌の練習をストップすることに……結論、喉を休めたら裏声が出せるようになりました。

そのときの喉の状態を思い返してみると、声帯が腫れているような感覚がありました。腫れているせいか、声を出しているときの声帯閉鎖の具合が、いつもより強いような感じがしていたんです。

病院で詳しく検査をしたわけではないので、正確なことはいえません。もし、いつも歌っている感覚と少しでも異なるようであれば、一旦休んだほうが良いかもしれませんね。

数日休んでも解決しないようであれば、耳鼻咽喉科で診察を受けることをおすすめします。

僕はボイストレーナーではありません。カラオケ好きの素人。ここに書いてある内容は僕の経験則によるものです。

裏声ベースの発声は喉の負担が少ない

歌の練習をするときは、あまり声を張り上げ過ぎないよう気をつけてください。くれぐれも無理はしないように。

ちなみに張り上げミックスをやめ、全音域を裏声ベースのミックスで歌うようにしたら、裏声が出なくなることはなくなりました。

裏声ベースミックスの練習方法はこちらに記載しています。よければご参照ください。

タイトルとURLをコピーしました