もしかしてお悩みですか?

「高い声で歌いたい…」
「換声点が克服できない…」
「練習に挫折しそう…」

実はミックスボイスって――

「裏声を地声っぽくする」

これだけなんです!

\ もっと詳しく /

裏声の声帯閉鎖ができないなら「鼻エッジ」を試してみよう!

コラム:ボイトレに「+」

ミックスボイス習得のために裏声の声帯閉鎖をマスターしたい。でも、なかなか上手くいかない。どうすれば裏声の声帯閉鎖ができるようになるの?

このように悩んでいませんか? 実は僕も以前、まったく同じ悩みを抱えていました。

裏声で声帯閉鎖をしようとすると、なんか変な声になるんですよね。喉が詰まった声というか……苦しそうな声というか……。

もしあなたが、

裏声を発声する

息を止めるように声帯を閉じる

喉でエッジボイスを出す

このようなやり方をしているなら、ちょっと違うかもしれません。事実、僕はこのやり方で裏声の声帯閉鎖が上手くできませんでした。

では一体どうすればいいのか? 以下でお伝えします。

エッジボイスの勘違い!ノイズ感は“鼻”が肝

「声帯閉鎖の練習=エッジボイスの練習」です。ただ、エッジボイスのやり方には2パターンあると僕は考えています。

  1. 喉で声帯を閉じてエッジ感を出す
  2. 裏声を鼻にかけてエッジ感を出す

それぞれ一体何が違うのでしょうか?

喉で声帯を閉じる「喉エッジ」

エッジボイスのやり方、1つ目は「喉エッジ」です。これは喉で息を止める感覚で声帯を閉じ「ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛……」とエッジ感を出します。巷では「呪怨エッジ」ともいわれています。

こんな声です。

呪怨エッジ

ただし、これは地声でエッジ感を出しています。もし、喉エッジを裏声で出そうとするとこんな声になるはずです。

裏声喉エッジ

喉が詰まったような苦しそうな声です。とても歌に使えるような発声ではありません。そもそも、喉で息を止める感覚で声帯閉鎖すること自体、発声として不自然です。

では自然な感覚で、裏声の声帯閉鎖をするにはどうすればいいのか?

裏声を鼻にかける「鼻エッジ」

エッジボイスのやり方、2つ目は「鼻エッジ」です。まず以下の音源をお聞きください。

鼻エッジ

これが鼻でエッジ感を出した声です。やり方は簡単。「裏声を発声したまま、喉仏をあげる」――これだけです。

慣れないうちは、ハミングで鼻エッジをやることをおすすめします。そのほうが鼻の奥の方にジリジリとしたエッジの感覚を掴みやすいです。

高めの声で、蚊の羽音をイメージしてハミングするといいでしょう。F1カーが目の前を通り過ぎるときのエンジン音の真似もいいですね。猫やカラスの鳴き真似も、鼻エッジのいい練習になります。

・ ・ ・

喉エッジは声帯をピタッと閉じてしまうようなイメージ。声帯の閉鎖が強すぎるので息が通るスペースがありません。発声したときの声も不自然です。

一方、鼻エッジは声帯をピンと張るようなイメージ。たるんだゴムを斜め上に引っ張るような感覚です。ちなみに鼻にかかった声ですが、練習次第でバランスのいい声質に変えることができます。

僕も以前は「喉で声帯閉鎖をする」という喉エッジ派の考えでした。しかし、それではミックスボイスを習得できませんでした。結果、10年ほど迷走することに……。

効果10倍!? ミックスボイス習得のヒントとは?

ある人とボイトレの話をしているときに、こう言われました。

エッジ感は喉じゃなくて鼻で出すの。鼻の上の方にエッジ感も持っていく感じ

この一言で僕の10年以上の悩みがあっさり解決。ものの1年でミックスボイスを習得できました。

こちらは実際に歌っている音源。

一部アカペラで歌った『愛をとりもどせ(クリスタルキング)』

弱々しい裏声ではなく、地声のような強さで発声できています。

ここに書いてある内容はあくまでも僕の経験則です。成功をお約束するものではありませんので、ご了承ください。

鼻エッジでミックスボイスを習得したい方へ

もしあなたが「喉エッジ」で上手くいっていないのであれば、一度「鼻エッジ」を試してみてください。これで上手くいけば儲けもんです!

とにかく行動しないと、結果はついてきません。結果が出るからこそ、改善点も見えてきます。

鼻エッジでミックスボイスを習得する方法は、以下をご参照ください。

タイトルとURLをコピーしました