もしかしてお悩みですか?

「高い声で歌いたい…」
「換声点が克服できない…」
「練習に挫折しそう…」

実はミックスボイスって――

「裏声を地声っぽくする」

これだけなんです!

\ もっと詳しく /

なぜミックスボイスを出していると「苦しい」と感じるのか?

コラム:ボイトレに「+」

もしかして、ミックスボイスを出していると「苦しい」と感じることがありませんか? じつは僕も、あなたとまったく同じ経験をしたことがあります。

ミックスボイスは出せるけど「苦しい」と感じる。これじゃまともに歌えない。ミックスボイスで歌うってこんなに大変なの? それとも発声が間違っているの?

こんなふうに悩んでいました。

なぜミックスボイスが発声できるのに苦しくなるのか? これは僕の場合ですが、ミックスボイスだと思っていた発声は、じつは間違った声の出し方でした……

もしかして「喉絞め発声」になっていませんか?

その当時を振り返ってみると、地声(話声)のまま高い声を出そうと、喉仏を思い切り上げて発声していました。いわゆる「喉絞め発声」です。

これでは発声している自分も苦しいですし、それを聞いている人も不快感を覚えます。まさに百害あって一利なし。

やはり、声を発している自分が「苦しい」と感じるのであれば、それは間違った発声をしていると思っていいでしょう。

地声のまま高い声を出すこともできますが、それでは「張り上げ発声」になりやすいです。そして喉も痛めやすいです。

では、どうすればもっと楽にミックスボイスを発声できるのか?

もっと楽にミックスボイスを発声する方法は?

ミックスボイスは裏声をベースにすると、いまよりもっと楽に発声できるようになります。高音域も出しやすくなります。

とはいえ、いきなり「裏声をベースにしよう」といわれても、いまいちピンとこないかと思います。

やり方の手順を言葉で伝えるなら……

裏声を発声する

喉仏を上げる

鼻にかかった変な声になる

あくび喉にして太さを追加する

安定感のあるミックスボイスになる

以上です。

実際に発声すると以下のようになります。

一部アカペラで歌った『愛をとりもどせ(クリスタルキング)』

誰でも間違いを認めるのは怖い

僕自身あなたと同じ経験をしているので、その気持ちは痛いほど理解できます。「苦しい」と感じている時点で、あなたは「いまの発声は何か違うかも」と分かっているはず。

だけど頑張って練習してきたから、なかなか「間違った発声」だとは認められない。それまでやってきたことが無駄になるかもしれないから怖いんですよね。僕はそうでした。

ただ、地声ベースのミックスボイスよりも、裏声ベースのミックスボイスのほうが楽です。喉も痛めにくいですし、高音域も出しやすくなります。

さらに裏声ベースのミックスボイスのほうが、練習期間を短縮できる可能性が高いです。事実、僕は地声ベースで10年以上悩みましたが、裏声ベースに変えたら1年でミックスボイスを習得できました。

僕はボイストレーナーではありません。ここに書いてある内容はあくまでも僕の経験則によるものです。

地声ベースの発声に疑問を感じている方へ

ミックスボイスを楽に発声するには、裏声をベースにした発声を身につけることをおすすめします。

僕自身、裏声ベースのミックスボイスに発声に変えたことで歌人生が大きく変わりました。

無理にとはいいません。ですが、いまのやり方で上手くいっていないのであれば、ここでお伝えしたやり方を試すのも一つの手です。

ダメだったら元のやり方に戻せばいいだけです。ぜひ、気軽に試してみてください!

\ もっと詳しく /

タイトルとURLをコピーしました