もしかしてお悩みですか?

「高い声で歌いたい…」
「換声点が克服できない…」
「練習に挫折しそう…」

実はミックスボイスって――

「裏声を地声っぽくする」

これだけなんです!

\ もっと詳しく /

ご安心ください!「声が高い=歌が上手い」ではありません

コラム:ボイトレに「+」

なんか最近、世間の風潮が「声が高い=歌が上手い」みたいな感じになってない? 歌手、YouTubeで歌っている人……みんな高い声が出せる。そうじゃない自分はなんかダメなような気がする……。

もしかしてこんなふうに悩んでいませんか? ご安心ください! 「声が高い=歌が上手い」ではありません。

なぜそう言い切れるのか? では僕がいまからそれを証明します!

「声が高い=歌が上手い」ではない

まずこちらを聞いてみてください。僕が歌っている音源です。

一部アカペラで歌った『愛をとりもどせ(クリスタルキング)』

高い声は出せています。しかし、歌が上手いかというと……決してそんなことはないですね。つまり「声が高い=歌が上手い」ということではないんです。

歌の上手さを決定付ける要因として「しっかりと音程がとれる」ことが重要です。僕は音程をとるのが苦手です。それは「音程練習」をやってこなかったからです。

しかし……

高い声が出せるほうが有利ではある

高い声が出せるほうが「歌が上手くなる」ために有利なのは確かです。ある程度、高い声が出せないと高音域の音程練習ができません。

音程練習ができないということは、結果的に「歌の練習ができない」ということになります。練習ができなければ歌は上達しません。

ところで、「ミックスボイス」という言葉をご存知ですか? 「ミックスボイス=歌声」です。歌うためには、それに適した発声の仕方があります。

またミックスボイスを習得することで、必然的に高い声も出せるようになります。では、どうやって練習すればいいのか?

高音の発声はミックスボイスを習得

ミックスボイスの出し方を簡単に説明すると以下のとおりです。

裏声を発声する

喉仏をグイッと上げる

裏声を鼻にかけて変な声にする

あくび喉にして声質を調整する

やり方は思っているよりもシンプル。それなりに練習は必要ですが、コツを掴めばミックスボイスを発声できるようになるでしょう。

僕も以前は「声が高い=歌が上手い」と思っていたことがあります。だから必死で高い声で歌えるように練習しました。結果、高い声が出せるようになりましたが……歌唱力は聞いてもらったとおりです。

僕はボイストレーナーではありません。ここに書いてあることはあくまで僕の経験則によるものです。

ミックスボイスの練習方法はこちら

声の高さと、歌の上手さはあまり関係ない。でも高い声が出せるほうが、歌の練習をするにも有利なのは確か。

ミックスボイスを習得するのは簡単……とはいいません。人によりますが、それなりに難しいと思います。でも練習しないと、いつまでも習得できません。

以下、ミックスボイスの練習方法を書いています。よければ、ご参照ください。

タイトルとURLをコピーしました