もしかしてお悩みですか?

「高い声で歌いたい…」
「換声点が克服できない…」
「練習に挫折しそう…」

実はミックスボイスって――

「裏声を地声っぽくする」

これだけなんです!

\ もっと詳しく /

ミックスボイスを発声するときハイラリは本当にダメなのか?

コラム:ボイトレに「+」

ミックスボイスは出せるけどハイラリンクスになる。自分ではそのほうが出しやすい。歌手でもB’zの稲葉さんは喉仏の位置が高いように見える。本当にハイラリンクスってダメなの?

もしかして、このようにお悩みですか?

結論からお伝えすると、ミックスボイスを発声するときハイラリンクス(以下、ハイラリ)になっても問題ないと僕は考えています。

むしろ、ミックスボイス練習初期であればハイラリを意識したほうがいいです。

補足

ハイラリンクス=喉仏が上がること
high=高い/larynx=咽頭

ミックスボイス練習初期はハイラリを意識

もしあなたがミックスボイスの練習をやり始めたばかりであれば、むしろ意図的にハイラリにしたほうがミックスボイスの感覚を掴みやすいでしょう。

ミックスボイスは「裏声を地声っぽく聞こえさせる声」だと僕は考えています。裏声を地声っぽくするには、わざと喉仏を上げます。つまりハイラリの状態にします。

こちらは極端にハイラリにした声です。

裏声のハイラリ発声

この鼻にかかった変な声がミックスボイスの種になります。この声にあくび喉で太さを加えればミックスボイスになります。

以下、実際に歌ってみました。

一部アカペラで歌った『愛をとりもどせ(クリスタルキング)』

地声のハイラリは喉絞め発声になりやすい

ハイラリには2パターンあります。

  1. 裏声を鼻にかけるパターン
  2. 地声で喉を締めるパターン

①であれば問題ありません。しかし、②でハイラリになっているのであれば、いますぐ発声を見直したほうがいいでしょう。

②は、ただの「喉絞め発声」です。歌っている側も苦しいと思いますが、それを聞いている側も不快感を覚えるはずです。

また、②は発声として不自然です。①のアプローチからミックスボイスを習得したほうがいいでしょう。事実、僕は②ではミックスボイスを習得できませんでした。

僕はボイストレーナーではありません。ここに書いてある内容はあくまでも僕の経験則によるものです。

裏声ハイラリでのミックスボイス練習方法

以下、「①裏声を鼻にかけるパターン」からミックスボイスを練習する方法です。よければご参照ください。

この練習方法で僕は1年でミックスボイスを習得できました。練習効率をアップさせるのであれば裏声ハイラリをおすすめします。

余談:洋楽ロックはハイラリ声の歌手が多い

ちなみに、洋楽ロックの歌手にはハイラリ声の歌手が多いです。つまり「ハイラリ発声」そのものが悪いということではないと考えられます。

タイトルとURLをコピーしました