もしかしてお悩みですか?

「高い声で歌いたい…」
「換声点が克服できない…」
「練習に挫折しそう…」

実はミックスボイスって――

「裏声を地声っぽくする」

これだけなんです!

\ もっと詳しく /

天然ミックスボイスの人は、非天然の人より最高音が高いのか?

コラム:ボイトレに「+」
  1. 始めから高い声が出せた天然ミックスボイスの人
  2. 練習をしてミックスボイスを習得した非天然の人

①のほうが高音域の限界値が高い気がする。実際のところどうなのか?

結論からお伝えすると、最高音の限界値は人によります。また限界値が高い人でも、しばらく歌わないと高い声が出せなくなることもあります。僕の知り合いの人を例にお伝えします。

天然、非天然は関係ない。高音域の限界値は人による

あなたの言うとおり、天然ミックスボイスの人のほうが高音域の限界値が高いような気がします。ですが高い音の限界値で、天然・非天然はあまり関係ないと僕は考えています。

僕の知り合いに、天然ミックスボイスのK君がいます。彼は学生のころ、X JAPANや洋楽ロックといった一般男性では歌えない高音域の楽曲をメインに歌っていました。

一方そのころの僕は、スピッツやミスチルの曲が高すぎて歌えませんでした。僕が歌いやすかったのは『愛は勝つ(KAN)』の音域。高い声を出そうとしても、どうしても喉締め発声になっていました。

――それから約10年後。僕はミックスボイスを習得。K君よりも高い声が出せるようになっていました。音域だけの話をするなら、以下のような楽曲が歌えます。

Impellitteri – Lost In The Rain (HQ EP)
Steelheart – She's Gone (Official Video)
Dragonforce – Black Fire

つまり、「必ずしも天然ミックスの人ほうが、非天然の人よりも高い声が出せるわけではない」ということです。

天然ミックスの人も歌わないと高い声が出せなくなる

社会人になり、しばらくぶりに会ったK君は、「最近忙しくて全然カラオケに行ってない。高い声も出せなくなった」とのこと。

一方、僕は社会人になってもミックスボイスの練習をしていました。カラオケにも頻繁に行っていました。ほぼ毎日、声出しをしていたからこそ高い声で歌い続けられるようになったんだと思います。

歌はスポーツに似ています。日々、鍛錬するからこそ一定レベルをキープできます。最初から上手くできた人でも、鍛錬を怠れば実力は下がります。僕とK君の状況は、まさに童話『ウサギとカメ』に似ています。

高音の最高値において、天然、非天然はあまり関係ありません。最初から高い声が出せた人でも、歌うことをやめれば高音域が出せなくなる可能性があります。数分でも構いません。声出しは毎日やったほうがいいかと思います。

ここに書いてある内容はあくまで僕の経験則によるものです。すべての人に当てはまることではありません。

タイトルとURLをコピーしました