もしかしてお悩みですか?

「高い声で歌いたい…」
「換声点が克服できない…」
「練習に挫折しそう…」

実はミックスボイスって――

「裏声を地声っぽくする」

これだけなんです!

\ もっと詳しく /

僕がマイクを握るとみんな笑いました。でも高い声で歌い始めると――!

はじめまして。ワク丸です!

昭和生まれ。カラオケ大好きなハイトーンボイスマニア。保護猫と一緒に暮らしています。

さて、僕の話はこれくらいにして本題に……

「高い声で歌えるようになれば、あなたの悩みの9割以上が解決できる」

――割と本気で、そう思っています。

これは推測の域を出ませんが、はじめから高い声で歌えた人には「高い声が出せない人」の気持ちを、本気で理解することはできないかもしれません。

そもそも、高い声が出せない人の「本当の悩み」は、「高い声が出せないこと」ではない場合もあります。

その裏には、

  • もっと自分に自信を持ちたい…
  • 人から馬鹿にされたくない…
  • 好きな娘を振り向かせたい…
  • バンドでボーカルをやってみたい…
  • 多くの人から注目されたい…
  • 友達・先輩・上司を見返したい…

こういった本人すら気付いていない悩みがあったりします。

あくまでも、

「高い声で歌う」
「ミックスボイスを習得する」

これらはあなたの人生をより良くするための「手段」であり「目的」ではありません。

上述したような悩みは他人からすれば、どうでもいいことでしょう。しかし、あなたにとっては死活問題なんですよね。その気持ち、よくわかります。

なぜなら……

悩み続けて10年以上…僕が高い声で歌えるようになった経緯

僕は過去、10年以上「ミックスボイスが出せない」と悩み続けていました。裏声でなら高い声が出せる……しかし、どうしても地声では高い声が出せませんでした。

ただ、ちょっとしたきっかけで僕は高い声で歌えるようになりました。その経緯を、いまからお伝えします。

ちょっと長くなりますが、聞いてもらってもいいですか……?

ショック! バカにされ、笑われ…40万円が水の泡に

僕が学生のとき、高い声で歌える友人がいました。彼は周囲から「高い声出せて凄いね~!」とチヤホヤされていました。そんな彼を見て、僕も高い声で歌うことに憧れるようになりました。

それから僕は毎日、家で高い声の歌を練習しました。スピッツ、ミスチル、L’Arc~en~Ciel、B’z、小柳ゆきなど、ハイトーンの楽曲をひたすら裏声で歌い続けました。

しかし……

母親からは「(裏声で歌うの)なんか変。普通の声で歌えばいいのに」とバカにされました。

付き合っていた彼女も「無理して高い声で歌わなければいいのに」と冷たい態度。

友人からは「(裏声だから)高さは出てるけど、(地声っぽくないから)なんか違うんだよな」と笑われました。

――社会人になってからも、高い声で歌うことへの憧れは消えませんでした。僕はボイトレスクールへ通うことに……

ボイトレスクールには1年間、通い続けました。しかし、腹式呼吸・リズム練習・発声練習ばかり。結局、高い声を出す方法は教えてもらえず……40万円が無駄になりました。

ある人の「何気ない一言」が人生を変えた!

それから数年後のある日、僕は個人でボイストレーナーをやっているN氏に会うことになりました。

彼からは直接レッスンを受けることはありませんでしたが、二人で食事をしてる中でヒントをもらいました。

それは……

「声の響きを、鼻の上の方に持ってくるといい」

これを聞いた瞬間、何かが僕の中で弾けました。いままで点と点でバラバラだったことが線で繋がりました。

それからは、このヒントをもとに1年間ひたすら練習し続けました。もちろん最初は上手くできません。とにかく試行錯誤です。

ある日、いつもどおり練習をしていると、いままでと違う発声の感覚がありました。その感覚で歌ってみると、いままで歌えなかったハイトーンの曲が楽に歌えるように!

高い声に憧れ続けて10年以上……努力が報われたようで泣けてきました。

ワクワクする感覚! 裏声×鼻にかける=解決の突破口

ちなみに「いままでと違う感覚」というのは

「裏声を鼻にかけて、声を太くする」

以下、この感覚で歌った音源です。オリジナルのネタ曲ですが、高音域が出せているのはわかると思います。

今日からボクも一年生(by ワク丸)

その他、X JAPAN『紅』と、クリスタルキング『愛をとりもどせ!!』の一部をアカペラで歌った音源も載せておきます。

一部アカペラで歌った。『紅(X JAPAN)』
『紅』をアカペラ
一部アカペラで歌った。『愛ととりもどせ!!(クリスタルキング)』
『愛をとりもどせ!!』をアカペラ

高い声を出す感覚を掴めてからは、友人や同僚とカラオケに行くと「お前よくそんな高い声出せるな!」と言われるようになりました。

また、対抗意識を燃やした人から、どちらが高い声で歌い続けられるか「ハイトーン勝負」を挑まれることもしばしば……。まぁ、カラオケの楽しみ方の一つですね!

僕はボイストレーナーではありません。歌唱力も素人レベル。あくまでも個人的な経験則をもとにお伝えしています。

高い声で歌えるようになりたい方へ…

インターネット上の掲示板には、ミックスボイスや高い声の出し方に関する質問などが投稿されています。それは、多くの人が「高い声で歌いたい」と願っている証拠でもあります。

「僕が高い声で歌えるようになった方法」を共有することで、一人でも多くの方の悩みが解消されるなら、これほど嬉しいことはありません。

\ 練習方法はこちら!/

なお、こちらは僕がいままで参考にしてきたボイトレ本です。当サイトの情報を理解する上でも一読しておいて損はないと思います。

\ この本を買う!/

\ レビューを見る!/

追伸

僕の信念は……、

  • 高い声で歌えれば、人生の悩みの9割は解決できる。
  • 悩んでいる人の痛みに寄り添い、本当の意味で理解できるように努める。
  • サイトを通じ、ボイトレで悩んでいる人が成功できるように後押しする。

たかがボイストレーニングという枠の中で、こんな大層なことができるかはわかりません。だとしても、やっぱり高い声で歌いたいし、そのほうがワクワクした気持ちになるじゃないですか!

もし、僕の考えに共感して頂けたなら、ぜひこれからも当サイトをよろしくお願いします!

タイトルとURLをコピーしました