切り換えないミックスボイスの練習方法
見る

ボイストレーニング

ボイストレーニング

ホイッスルボイスの練習方法は『イルカの鳴きマネ』

練習中は、なんか知らないけど、喉が筋肉痛になった。 小難しいことは、とにかく抜きにして、イルカの鳴き声を出そうと、それだけずっとやっていた。 理屈こねてても、出せないもんは出せない。頭でっかちになるより、とにかく声を出す。 行動に移すことが一番大事だ。
2018.11.22
ボイストレーニング

過去の自分へ。張り上げ声と、力強く歌うことは違うからな。

声をよく聴いてもらうと、鼻に響いている(かかっている)声をしている。明らかに、日本語の日常会話の発声とは違う。 日本語でも、裏声を鼻にかけた『鼻声』のようなハミングの感覚を養うと、このように力強い声が出せるようになる。
2018.11.22
ボイストレーニング

ボイトレしてる多くの人が、短期間の成果を望みすぎている。

” 努力が効果を表すまでには時間がかかる。多くの人はそれまでに飽き、迷い、挫折する。” アナタはどうですか? 諦めたらそこで終わりなんです。
2018.11.22
スポンサーリンク
ボイストレーニング

裏声が出来たら、次はヘッドボイス。その名も「目玉オヤジ声真似」練習法だ!!

ヘッドボイスはメタルやハードロック歌うには必須だ。 まぁ、せめて『A5(ラ)』位のシャウトは出せないと、洋楽のメタルやハードロックを歌うにはキツイだろうな。 それに伴い、今回はヘッドボイスの導入練習を教えよう。
2018.11.22
ボイストレーニング

生徒とトレーナーの認識の相違点。ボイトレスクールは、マックじゃない。

マンツーマンで生声を聞いてアドバイスが出来るところにあります。 ボイトレ本はアドバイスしてくれません。だから安いんです。 逆に、ボイトレのレッスン料が高いのは、生徒に合わせたアドバイスが出来るからなんです。
2018.11.22
ボイストレーニング

「おい、鬼太郎!!」はあくまで、ヘッドボイスの導入練習。歌の上手さとは別な話。

「おい、鬼太郎」と高い声で発声することは、ヘッドボイスの感覚を掴むための練習です。 歌が上手くなるかというと別です。
2018.11.22
ボイストレーニング

『切り換える』って考えじゃ『換声点』の克服は出来ねぇよ。裏声ハミングでもやっとけ ! ! ただしROCK発声でな。【音源】

ミックスボイスの練習を始めたのは『高い声』が出したいからだよな? でも今『地声と裏声が繋がらない』という状況なってないか? 『地声 → 裏声』にスムーズにチェンジする】という考えは止めときな。
2018.11.22
ボイストレーニング

無意識に【脱力】した発声が『ミックスボイス』である。

喉に力が入ったまま、歌唱練習をやっても、逆に非効率です。 例えば、力んだままの発声でちゃんとリズムを合わせようとしてもリズム音痴になりやすいです。 多くはリズムを意識しながら、音程も合わせようとしています。 それでは音程に意識が行ってしまい、リズムまで意識が行き届かないです。
2018.11.22
ボイストレーニング

YouTubeで有名なボイストレーナー くまさん も、歌う時は「鼻にかかかった声」で歌っていた!?ミックスボイスの基礎。

あくび声から歌声に変化する時に、声が鼻にかかっているのが判る。 この、鼻にかかった感じが地声感を出しているんだ。
2018.11.22
ボイストレーニング

カラオケで出せないミックスボイスは、『ミックスボイス』ではない。

その原因は、『そもそもミックスボイスが出来ていない』という事が根本にあります。
2018.11.22
トップへ戻る