2017年08月カテゴリー

『AAA 西島隆弘』or『外人歌手』のどっちがミックスボイス?アナタは “裏声感覚” を聴き採れるか?!

若い人たちの中でニッシーさんの声は "ミックスボイスの標準" になっていると言っても過言ではありません。一方、外人歌手の方は?聴き慣れない声質で、不快に感じた人もいるかもしれませんね(^▽^;)(汗)では、本題の "どっちがミックスボイスなのか?" の答えですが・・・。

換声点は複数箇所あるかも!?ボクなりに『換声点を克服』するための発声の仕方をデモってみた!!

つい最近そう思っただけなので、ボクの中ではまだ「不確定要素」ではあるんですが・・・(^▽^;)(汗)でも、「換声点ない!!」ってよりは、「換声点はあるかもしれない!!」っていう、両方の考えを持っておいて損はないかなって感じてます。

(メモ) 音程練習には『ドレミの歌』が最強説なのが、ボク的に否めない件。

『ドレミの歌』は、ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ の構成音だけで出来ています。この『ドレミの歌』を2オクターブ、C3~C5に渡って音程練習で使えば、それだけで・・・Cメジャースケール Cメジャーペンタトニックスケール Aマイナースケール Aマイナーペンタトニックスケール の、4つの練習になります!(理論上は!) 

低音ミックスが安定しない人へ。ボクなりの低音ミックスの見つけ方、発声の仕方!!(殴り書きメモ)

喉が上がると同時に声帯も勝手に(?)閉鎖する感じがするので、そのまま声を発してみてください。そうすると、息混じりの実声の響きに近い低い声が出ると思います。(※あくまで、ボクの感覚です。)そうやって出した低い声が、低音ミックスボイスの種になるんじゃないかと思いました。

トップへ戻る