切り換えないミックスボイスの練習方法
見る

2018-12

ボイストレーニング

「喉エッジ」と「鼻エッジ」、ミックスボイスを習得するなら「鼻エッジ」をオススメしたい

鼻エッジによるミックスボイスは感覚を掴むまでが大変ですが、喉エッジよりも負担のない楽な発声を習得できるはずです。
2019.02.13
ボイストレーニング

「ミックスボイス」と「強化ファルセット」は違うものだが “声質” に共通点がある。

「違う声質」にもかかわらず、共通点が見い出せる。これは発声におけるヒントが何かあるかもしれません。今回、強化ファルセットとミックスボイスの音源を聴き比べながら、僕なりに探ってみようと思います。

2019.01.17
ボイストレーニング

裏声を出しまくる練習をしても「裏声が強くなる」可能性は低い

高い声が出したくて、ヒステリックなほど悩んでいた時期に「裏声をだしまくる練習法」を実践したことがありますが…
2019.01.08
スポンサーリンク
ボイストレーニング

自分の歌声がわからない人の為の、「理想の歌声」を見つける方法

理想の歌声を手に入れるためには、大変な労力と時間が必要になりますが、「歌うことが好き」「歌を追求したい」という気持ちがあれば、きっと目的を達成できるはずです。

2019.01.08
ボイストレーニング

【自説】天然ミックスボイスの人は、ミックスボイス(歌声)が地声化している可能性がある

天然ミックスボイスの人は、高い声が出せない一般男性よりも、話し声がワントーン高いように思います。生きてきた環境が影響している可能性もあるかもしれません。いずれにせよ、話し声がミックスボイス化しているように感じます。

2019.01.07
ボイストレーニング

換声点で切り換えない「天然ミックスボイス」の考え方

ミックスボイスの最終形態は「相手に換声点を感じさせない」こと、更に「自分自身も感じないように発声する」ことではないかと考えています。今回は、「天然ミックスボイス」の考え方について書いていきます。
2018.12.27
ボイストレーニング

ボイストレーナーは「性別」よりも、「声質」や「ジャンル」で選ぶと良いのではないか

ミックスボイスを教わるなら、男性と女性、どちらのボイストレーナーが良いのでしょうか。基本的には同性に教わるほうが、喉の作りなど、共通する部分もある思います。しかし、ボイストレーナーを選ぶポイントは、それだけではありません。
ボイストレーニング

「ボイトレ独学」にした最大の理由は「ボイストレーナーが信頼できなかったから」/ 独学のメリット、デメリット

僕は「ボイトレ独学派」ですが、実はボイストレーニング教室に通っていたことがあります。2010年~2011年のたった一年間ではありましたが、そこで経験した事がきっかけで、いまの練習スタイルを築き上げるきっかけになりました。
音楽

「ジョン・ボン・ジョヴィ(BON JOVI)」の発声は『鼻にかかった声』の参考になる

低音域でも、しっかりと『鼻にかかった裏声』です。優しい発声なのに「地声感」感じるのは、強い鼻腔共鳴を得ているからだと考えられます。
ボイストレーニング

「チェストボイスも裏声で発声する」ことが、換声点克服のために有効ではないか

従来の「換声点で、地声とミックスボイスを切り替える。」という考え方とは異なりますが、「チェストボイスも裏声で発声する」ことが、換声点克服のための有効な手段ではないかと考えています。
トップへ戻る