もしかしてお悩みですか?

「高い声で歌いたい…」
「換声点が克服できない…」
「練習に挫折しそう…」

実はミックスボイスって――

「裏声を地声っぽくする」

これだけなんです!

\ もっと詳しく /

【全音域裏声ベース】切り替えないミックスボイスの練習方法

ここでお伝えする練習方法を実践すると……

  • 裏声のようなミックスボイスを、地声っぽくする感覚が掴める
  • 全音域を裏声ベースで発声するから、換声点が発生しない
  • 練習内容がシンプルだから、短期間での習得が期待できる

事実、僕はこのやり方で練習したら、1年でミックスボイスを習得できました。

もしこの方法があなたに合うなら、ミックスボイスの習得期間を短縮できるかもしれません。

なお、このサイトでいうミックスボイスはすべて「裏声を地声っぽくした声」のことです。詳しくは以下をご参照ください。

切り替えないミックスボイスの練習方法

では早速はじめましょう! 以下、練習手順です。

  1. 裏声を出す
  2. 口を閉じて、裏声でハミングをする
  3. 喉仏を上げて、鼻にかかった変な裏声にする
  4. 変な裏声のまま、口を開けて発声する
  5. 喉を開いて太さを追加し、声質を調整する

これだけでは分かりにくいと思うので音源を用意しました。

①裏声を出す

まずは裏声を出してみましょう。

当サイトでお伝えしている練習方法は裏声を出せることが大前提です。もし出せないのであれば、まずは裏声の練習から始めてください。

②口を閉じて、裏声でハミングをする

裏声が出せたら、今度はそのまま口を閉じて「裏声でハミング」をやってみてください。

鼻の通りが悪いとやりにくいかもしれません。その場合は点鼻薬などを使って通りを良くするなど、何かしら対処してください。

③喉仏を上げて、鼻にかかった変な裏声にする

では裏声ハミングの状態で、そのまま喉仏を上げてみましょう。「鼻にかかった変な声」になります。

極端に喉仏を上げないと声色が変わらない人もいます。

また、喉仏の上げ下げがよく分からない人は、「鼻への響きを極端に上に持っていく」という感覚でも試してみてください。

この「裏声を鼻にかける練習」が意図しているのは、「声を鼻に響かせる感覚」や「裏声を地声のようにする感覚」を養うためです。

発声するときは、「蚊の羽音」「テルミン(楽器)」「はじめてのチュウの声」「二胡(楽器)」などの音をイメージするといいでしょう。

④変な裏声のまま、口を開けて発声する

次は、変な裏声を口から発声してみましょう。このとき、鼻にかかっている響きが、口の方に落ちないよう気をつけてください。

口を開けたときに、ちゃんと鼻の方にも響いていれば、声自体にジリジリとしたノイズ感があります。しかし、響きが落ちてしまうとそのジリジリした感覚が消えてしまいます。

喉を開いて太さを追加し、声質を調整する

④までの声はあくまでも「裏声を地声っぽくする」ための基礎。変な声のままでは歌には使えません。そこで「太さ追加」を追加し、バランスの良い声に仕上げていきます。

やり方は簡単。いままで変な声の出し方をキープしたまま、あくびをするときのように喉を広げてみてください。喉仏を1cmくらい下げるといったほうがわかりやすい人もいるかもしれませんね。

ただし、太さを追加し過ぎるとかえって裏声っぽくなってしまいます。何度も練習してバランスを調整してみてください。



ここまでを踏まえて、実際に歌うと以下のようになります。

一部アカペラで歌った『愛をとりもどせ(クリスタルキング)』

――「切り替えないミックスボイス」の解説は以上です。

僕はボイストレーナーではありません。ここに書いてある内容はあくまでも個人の経験則によるものです。

「切り替えない思考」でイイトコ取り!

もしかすると中には「ミックスボイスは出せるけど、ちょっと裏声っぽい」という人もいるでしょう。実際、YouTubeなどにアップされている歌ってみた系の歌唱音源を聴くと、惜しいミックスボイスの人が多いと感じます。

ここで紹介しているやり方で練習すれば……、

周囲の人から文句を言われなくなる

裏声を地声っぽくするコツ・感覚がつかめるでしょう。

地声のように出せれば、

「お前の声、なんか変」
「全然ミックスできてない」

歌声にして文句を言われることもなくなり、嫌な思いをせずに済みます。

習得の近道!挫折のリスクを減らせる

また、このやり方は全音域を裏声ベースで発声するので、換声点が発生しません。換声点を克服する練習をしなくてすみます。

結果、短期間でミックスを習得できる可能性が高まります。途中で気持ちが折れ、挫折するリスクも減らせます。

声質が変わる、印象も変わる!

さらに、全音域、裏声ベースで発声することで、低音と高音の声質に一貫性がでます。低音は地声、高音は裏声と切り換えて歌うと、声質のバランスが悪いので違和感を感じます。

声質変化のないバランスのとれた声のほうが、歌う側も違和感なく歌えます。聴く側からの印象も良くなるでしょう。

ミックスボイス習得に挫折しそうな方へ

僕は10年以上、「高い声が出せない」「ミックスボイスが習得できない」と悩んでいました。でも、このやり方で練習したら1年で解決しました。

もちろん、その期間はかなり練習しました。ほぼ毎日、試行錯誤の1年。練習方法はシンプルですが、簡単に習得できるというわけではありません。習得期間は人によって異なるでしょう。

ですが、上手くいっていないやり方で挫折するくらいなら、一度別のやり方を試してみるのも一つの手です。

「やらないで後悔するより、やって後悔するほうがいい」

何よりも情報料は無料です。とりあえず、試してみてください!

タイトルとURLをコピーしました