過去の自分よ。ミックスボイスを出したいなら、調べてばかりじゃなくて練習しろ!!

ボイトレは結果を早く求めすぎると苦痛に感じやすい。 あくまでも、無理をしない練習をロングスパンで続ける事を念頭に置いてもらいたい。 「短期間で出来るようにしたい」って気持ちは解る。 でも、それだと実は続かない原因で、挫折しやすいんだな。

ホイッスルボイスの練習方法は『イルカの鳴きマネ』

練習中は、なんか知らないけど、喉が筋肉痛になった。 小難しいことは、とにかく抜きにして、イルカの鳴き声を出そうと、それだけずっとやっていた。 理屈こねてても、出せないもんは出せない。頭でっかちになるより、とにかく声を出す。 行動に移すことが一番大事だ。

ミックスボイスは、中音域のミドルボイスより、高音域のヘッドボイスを先に練習しな。

ヘッドボイスは裏声を地声のように強く出せるように練習していく。だからヘッドボイスを地声(話し声)で出すということは考えにくいな。ただ、人によって『地声で出している』という人もいるから、自分からのアドバイスは『基本は裏声をベースに練習するとやりやすい』ってところだ。

喚声点は存在しない。

チェスト、ミドル、ヘッド のそれぞれの音域で、それぞれ違う発声をしているのであれば『チェストとミドルが繋がらない』という問題点が出てくるが、全音域で、基本の発声方法が同じなのであれば『繋げる』という発想自体が無意味なものになる。

低音域の裏声のコツは、変態が息で『ハァハァ…』言ってる感じ。

最初はオペラのような発声は抵抗があるだろう。 だけど、日常生活で結構、オペラのような太い声って出してるんだ。 例えば、アクビをした時の声、泣き真似してる時の声、犬の遠吠え、フクロウの鳴きマネ、と何気なく歌声に適した声を多くの人が出している。

ボイトレで「ミックスボイス」を教わるなら、ボイストレーナーは男か、それとも女か。

お前がハードロック、ヘヴィメタルを歌いたいなら、やっぱりそのジャンルに特化した男のトレーナーを選ぶべきだ。女のトレーナーには声変わりの辛さは理解できない。男が、女の生理の辛さがわからないように、女にも声変わりをして、高い声が出せなくなった男の気持ちは、まず解らないだろう。