ボイトレコラム

裏声を出しまくる練習をしても「裏声が強くなる」可能性は低い

高い声が出したくて、ヒステリックなほど悩んでいた時期に「裏声をだしまくる練習法」を実践したことがありますが、喉が痛くなるだけで効果はありませんでした。そして、その時感じたことは「裏声はどんなに出しまくっても裏声でしか無い」ということでした。
2019.10.07
ボイトレコラム

裏声低音のコツ、変態が「ハァハァ…」やってる感じ

このサイトは、アクセス解析をしている。キーワードを探ってみると、「裏声」「低音」といったキーワードで検索してくる人が多いみたいです。そこで今回は、低音域の裏声のコツをお伝えします。
2019.10.07
ボイトレコラム

音域的に苦しい箇所を「裏声に切り替える」ことがミックスボイスなのか

「ミックスボイス = 低音←切り替え→高音」 この認識の場合は、ミックスボイスは切り替えて発声するものと考える人が多いでしょう。しかしながら、この認識は最適とは言えません。地声で低音域を発声し、裏声で高音域を発声することがミックスボイスではないです。 低音域も、高音域も「裏声を地声のように響かせる」発声がミックスボイスだと私は考えています。そして、発声している時もそのように体感しています。
2019.10.07
ボイトレコラム

冬場に鼻づまりで歌いにくいとき、私は「点鼻薬」を使って乗り切る

以前の記事では「歯」について書きました。今回は「鼻」について、体験談をまじえて書いていきます。
2019.10.07
ボイトレコラム

【初心者向け】ギターのFコード・Bコードを押さえるコツ

ギターを始めた初心者の最初の鬼門として、Fコードがあります。でも、簡単なコツがあります。それは、人差し指で1フレットを全部押さえようとしないこと。それがわかると案外簡単にいけちゃうもんです!
2019.10.07
ボイトレコラム

新常識!? 裏声が出せるなら「リップロール・タングトリル」は必要ない / ただし地声でやるのは間違い

もしかしたら、「ボイトレの新常識」になるかもしれません。それは……「裏声が出せるならリップロール・タングトリルは必要ない」ということです。
2019.10.07
ボイトレコラム

「ミックスボイス」は太い裏声の練習では習得できない

「裏声を地声のような声質にするにはどうしたらいいか?」 多くの場合、ミックスボイスを出すための裏声の発声は、ただのファルセットになっていることが多いです。そのため、理想の声質とは程遠くなっています。 この記事では「ただのファルセット→ミックスボイス」にする練習方法をお伝えします。
2019.10.07
ボイトレコラム

高音域で「a、e、o」は出せるが「i、u」だと出しにくいなら発声を見直してみよう

ボイトレをしていると、歌っている時に「i」 と 「u」 の発音がしにくいと感じることがあります。「a、e、o」 は高い音で発音できるのに 「i、u」 だと力が入ってしまい高音が出しにくくなるといった状態です。 そんな状態に陥っている人でも、ハイトーンシャウトは容易にできたりします。言葉にして高音域は歌えないけど、シャウトならできる。 こういった状態の改善方法の提案です。
2019.10.07
ボイトレコラム

Mr.Children「Your Song」の曲の雰囲気が、Bon Jovi「 (You Want To) Make A Memory」に近い

以前、Mr.Childrenがdヒッツで10月に最も聴かれたアーティストというリリース情報で初めて知ったことが、 (1)「通算19枚目のオリジナル・アルバム『重力と呼吸』をリリース」(2)「デビュー作から最新アルバムまで全楽曲の歌詞を収録した全曲詩集『Your Song』刊行」 といった2点。最近、ミスチルを聴いていなかったので全く知りませんでした。
2019.10.07
ボイトレコラム

ミックスボイスとミドルボイスの違い

同じものとして説明されている場合もありますが、違うものとして覚えておいたほうが良いのではないかと考えています。
2019.10.07
タイトルとURLをコピーしました