スポンサーリンク

単音発声

ミックスボイス習得のため、僕がやっていた練習は「単音練習で苦手な音を克服していく」という方法です。それまでは「一曲通しての練習」と「発声練習」を同時並行で行っていました。ですが、曲中には苦手な音もあり、そのやり方だと非効率でした。

一曲通しではなく、苦手な音域のフレーズ練習もやりました。しかし、そもそも出せない音域でフレーズ練習をすること自体が無謀でした。当然上手くフレーズを口ずさむことも、発声することもできません。……挫折しました。

そこで考えたのが、更に細分化して「単音だけ練習する」という方法です。一般的には当たり前なのかもしれませんが、今まで一曲通しの練習をしていた僕にとって、それは閃きでした。

そんなわけで「苦手な音の単音練習」方法を書いていきます。

練習方法

※音程は自分の苦手な音に置き換えてください。

裏声で単音練習

まずは苦手な音を裏声で出します。

単音練習 裏声

ハミングで単音練習

次に、ハミングで出します。コツは「鼻への響き」を意識することです。少しだけ喉仏を上げながらやってみると、いつもより強めのハミングの音になるはずです。感覚が掴みにくいかもしれないので、そんな時は極端に喉仏を上げてみると感覚を掴みやすいかもしれません。

単音練習 ハミング

ミックスボイスで単音練習

最後にミックスボイスです。ハミング時の「鼻への響き」をキープした状態で、口を開けてください。裏声よりも強い声質で発声ができるはずです。

単音練習 ミックスボイス

手順は以上です。ここでは一つの音程のみで参考音源としましたが、もちろんこの高さだけではなく、低音~高音にかけて苦手な音の単音練習を行ってください。

僕の体感的は話で申し訳ないのですが、単音でミックスボイスを発声できるようにしておくと、その音より高い音域も楽に発声することができるようになると感じました。逆の言い方をすると 「ドレミ」の中で「ド」が出せない状態だと、「レミ」は出せないという感じです。

トップへ戻る